ログイン
ユーザ名:

パスワード:


新規会員登録はこちら
パスワードをお忘れの方

Contents
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
メイン
   行政活動関連フォーラム
     こどもの日  葛城市の子供と学校について     癸押ヽ惺撒訖問題  
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
fujiimoto
投稿日時: 2017-5-7 21:33
管理人
登録日: 2005-8-14
居住地: 奈良県葛城市新庄
投稿: 159
こどもの日  葛城市の子供と学校について     癸押ヽ惺撒訖問題  
葛城市では今、学校給食が揺らいでいる。原因は先月4月24日に新庄中学校の生徒に提供された米飯の中に金属片が混入した事がわかった。

 そもそも葛城市では、給食センターでおかず類・デザート等の副食を作り、米飯とパンは市内のA社に委託している。

 よって米飯への混入は、このA社が製造したものである。

 これを受け葛城市教育委員会は原因を調査中とし翌日より、A社からの米飯およびパンの配給をストップ。保護者あてに その旨を通知し給食センターでおかずは提供するが、しばらくの間、ご飯やパンを持参するようお願いした。

 この対応は当然で素早かったと思う。

 そして、ちょうど1週間後の5月1日保護者あてに教育委員会は次のように通知した。
 ゴールデンウイーク明けの8日から別の業者より米飯・パンを提供すると言うものだ。

 私は思う。慌て過ぎではないだろうか?心配でしょうがない。確かに保護者にとって毎日 ご飯やパンを持参させるのは大変な事は中学生をもつ我家でもよーく理解する。
 しかし、葛城市の子供達に提供する学校給食の主食だ。その新たな製造業者をたった1週間で選定したことに私は疑問を抱き、大きな懸念をもつ。

 明日から再開する学校給食。混乱がなければよいのだが・・・
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
このホームページの掲載記事、写真などの無断転載を禁じます。 全ての著作権は藤井本浩本人に属します。
Copyrights 2007 Hiroshi Fujiimoto All rights Reserved.        Powered by Lynks design