ログイン
ユーザ名:

パスワード:


新規会員登録はこちら
パスワードをお忘れの方

Contents
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 藤井本浩の活動報告 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

2009 年 7 月
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


Search
まほろば総体 事務局を往訪
2009-07-29
7月28日に開会式があり 29日から既に競技が始まっている まほろば総体事務局を訪ねました。
 事務局は、旧耳成高校内にあり この日は事務局長さんと面談。色んなお話を聞かせていただきました。

 今大会の特長は 実行委員会を県で1本化 各市町村は協力という体制をとられています。 
 競技は29競技ですが 県内では15市町村で15競技が、その他近畿各府県で14競技が開催されています。

 各競技の運営は、5000人余りの県内高校生が補助員となり担当。受付・記録・放送・清掃・駐車場・各案内‥ 高校生が活躍されています。

 昨年6月に 高校生の実践活動リーダー会「わっしょい倭」を立ち上げ PR・広報活動や清掃活動等 インターハイの盛り上げに約1年間活動されてきました。

 葛城市においても 8/2日〜8/6日迄 新庄健民運動場と新町公園球技場で準々決勝まで計14試合が行われます。 (この組合せはフォーラムで紹介します)
 現在 その準備が進められています。 (写真)

 ところで インターハイがいつから始まったかというと 昭和38年の新潟が第1回です。今年で47回目 来年の開催が沖縄と決まっているので これで全国一巡することになります。
 大会スローガンを見ても この大会の歴史を感じます。今年のスローガンが「君が今 歴史の新たなページを創る」ですが、昭和40年代のスローガンを紹介すると「強く 正しく 美しく」 「質実剛健」・・・

 事務局長さんのお話によると 「今年の県内高校生には 大変お世話になり協力をいただくが きっといい思い出になるだろう。全国の高校生と交流を図ってもらうとともに トップレベルの競技をしっかり見て欲しい」と

 全国から集まった選手の皆さんは この奈良の地で思い出に残る競技をしていただきたいと思います。
 また 葛城市からも10名の選手が各競技に出場されていると聞いています。ご健闘をお祈りします。



Back
このホームページの掲載記事、写真などの無断転載を禁じます。 全ての著作権は藤井本浩本人に属します。
Copyrights 2007 Hiroshi Fujiimoto All rights Reserved.        Powered by Lynks design